忍者ブログ

レトロゲームへの妄言

当時やってみたいと思ってたけどできなかったゲーム。
当時はそうでもなかったけど、情報が手に入りやすくなった今、発売当時の情報や、プレイレビューを読んでやってみたくなっちゃったゲーム。
今プレイしても何らおもしろくないかもしれないけど、とりあえずやってみたいゲームをつらつらつらと。
家庭用レトロが主。

スポンサー広告

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ページトップへ

レッドアラーム


赤い画面のすごいやつ。
任天堂バーチャルボーイ用の3D視点のシューティングゲーム。
1995年に T&E SOFT というところから発売されたみたい。
当時のCMの歌のサビ(?)はいまだに覚えてるなー。「レッドアラーム♪レッドアラーム♪」

3Dシューティングがヘタクソなのに好きで、たまにゲーセン行ったらアフターバーナーをやって、ローリングで興奮して「ヒャッハー」って一人で声をあげて、我に返って恥ずかしかった。アーケードで一度も全クリできなかったけどね。
そんなわけで、TVのCMでプレイ画面が出てて、真っ赤な画面だけど、ワイヤーフレームが滑らかに動いててかっちょえー!、やってみてーって思ってたなぁ。
バーチャルボーイ発売当時、田舎だったからか、近くでバーチャルボーイを売ってるところが無くて、現物を見たことがなかったので、本当に画面が赤いのか疑っていた。なんでわざわざ赤いの?見づらくない?ってな理由でね。
バーチャルボーイ発売から数ヶ月後のある日、新品ゲーム販売店ではとんと見かけなかったのに、ふと立ち寄った中古ゲーム屋さんで、バーチャルボーイ本体の中古が体験機として置かれているのを発見。
新品で売ってるところをみたことがないのに、もう中古屋に売り払ったヤツがいるのか!
とその時心は震えた。
マジか!こんなところでコイツに会えるとは!
店内には2人ほどお客さんが。バーチャルボーイは誰もプレイしていない。プレイしてみたい!でもちょっと恥ずかしい!(ゴーグル型のディスプレイを覗き込むようにしてプレイするため、人前でプレイするのは…)
でも、赤画面の疑惑をはらすのは今しかないと、プレイを決意。
せっかくなんだから、レッドアラームがしたい!
体験機にセットされていたのはレッドアラームじゃない!残念!
体験機にセットされていたのは、マリオクラッシュというソフト。まあ、いいか。
画面はホントに赤だったね。うん。
やっぱり見づらかった記憶が。ゴーグル型なのも見づらさに拍車をかけていたような。
でも、不思議な3D感覚だった。今のポリゴンの3Dやスプライトバリバリの擬似3Dとかとも違う、不思議な奥行き。(これも見づらさの要因の一つだったかも)
そのお店でプレイしたのは5分くらいだったかなー。目が疲れてやめた。
それ以降バーチャルボーイに触れる機会が訪れることはなかったとさ。

初記事だというのに、全くもってレッドアラームの話じゃなかった。
というか、レッドアラームとかいいから、
バーチャルボーイが欲しい!

拍手[0回]

PR
ページトップへ