忍者ブログ

レトロゲームへの妄言

当時やってみたいと思ってたけどできなかったゲーム。
当時はそうでもなかったけど、情報が手に入りやすくなった今、発売当時の情報や、プレイレビューを読んでやってみたくなっちゃったゲーム。
今プレイしても何らおもしろくないかもしれないけど、とりあえずやってみたいゲームをつらつらつらと。
家庭用レトロが主。

スポンサー広告

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ページトップへ

ヘラクレスの栄光II タイタンの滅亡

ヘラクレスの栄光II タイタンの滅亡

前作よりも完成度が高いはずなのに……

前作、闘人魔境伝猛威をふるった(笑)DECO(デコ(データイーストの愛称))独自路線システムをバッサリと切り捨てた本作。
かなり完成度が上がってずいぶんと遊びやすくなった模様。
……なのだが、余計「ドラクエもどき」になってしまっているようで……。


拍手[1回]

ページトップへ

源平討魔伝 巻ノ弐

源平討魔伝 巻ノ弐

デカキャラに衝撃

あの「源平討魔伝」の続編がPCエンジンオリジナルとして帰ってきた!
って、私的には前作「源平討魔伝」もPCエンジンオリジナルだと思っていた愚か者なのでした……。

前作(PCエンジン版 以下「前作」とあるのは全てPCエンジン版を指す)を初めて見た時は本当に衝撃だった。
「デカいキャラがゴリゴリ動く」のと、「なんか喋ってる」のが。
「喋ってる」方は、あまりにも音声が荒すぎていたが、あれはあれですげー雰囲気に合っていたから不思議。
「これで勝ったと思うなよ~」って言う弁慶のセリフがとっても好きw


拍手[0回]

ページトップへ

ビューティフル ジョー

ビューティフル ジョー

VIEWTIFUL JOE

スペル間違いではありません(笑)

「VIEWTIFUL」とは、VIEW(眺望) + BEAUTIFUL(美しい)の造語なのである。
説明書によると、
『人の目を奪って離さず、その心を忽ち悩乱の境地へと誘う程、揺るぎ無き、果てし無き、偽り無き「美々しさ」が備わっている様を表す』
だそうで。
ヒーローは常に強く、そして美しくならねばならんのだぁ!((北斗の拳の)ユダ的な?)


拍手[0回]

ページトップへ