忍者ブログ

レトロゲームへの妄言

当時やってみたいと思ってたけどできなかったゲーム。
当時はそうでもなかったけど、情報が手に入りやすくなった今、発売当時の情報や、プレイレビューを読んでやってみたくなっちゃったゲーム。
今プレイしても何らおもしろくないかもしれないけど、とりあえずやってみたいゲームをつらつらつらと。
家庭用レトロが主。

スポンサー広告

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ページトップへ

Dの食卓2(D2)

Dの食卓2

無敵の女、ローラ・バートン

Dの食卓の続編として発売された本作。
続編だけど、前作とのストーリー的つながりはなし。というか、全くの別物だそうで。
通称「D2」とも呼ばれる。タイトルのロゴやパッケージが「D2」となっているためらしい。


前作より約4年、1999年12月にドリームキャスト用として発売される。
開発はもちろんワープ。
前作から約4年も経ってしまった要因のひとつとして、3DOの後継機として発売が予定されていた「M2」というハード用に作られていたらしいのだが、M2の発売が中止となってしまったため、急遽ドリームキャスト用ソフトに変更、製作ということになったようだ。
何度もシナリオ、及び仕様変更を繰り返し、本作は当初のM2版のD2はとは全く違った内容に変わったのだという。
むしろM2版のD2に興味あるぅ(笑)
Disk4枚組みの大ボリューム(?)

ストーリーなのだが、これが結構要素盛りだくさん。
2000年12月25日、主人公の女性「ローラ・バートン」が乗っていた飛行機はカナダ上空を通過するあたりで、突然ハイジャックされる。
ローラの隣に座っていた男は隠し持っていたピストルでハイジャック犯に応戦しようとした瞬間、隕石が飛行機ぶつかり、飛行機は雪原の中へ墜落する。

このストーリー冒頭時点で、なかなかいい感じに強引な要素が(笑)
飛行機のハイジャックはもとより、隣に乗っていた男がピストルを隠し持っているとか、どんだけセキュリティがザルなのかっwwww
そして隕石wwwwww
素人考えだけど、隕石が衝突した飛行機、墜落とか生易しいもんじゃなく、木っ端微塵になるんじゃね?

システム的にもなかなか盛りだくさん。
前作のようなアドベンチャーに加え、RPG有り、ガンシューティング有りという見事なカオスっぷり。
とりあえず、主人公を操作し、飛行機が墜落した雪原からの脱出がクリア目標のようである。
建物の中を探索したりするときは前作のようなアドベンチャー形式。
外を歩いている時は、怪物とエンカウントが発生し、戦闘シーン突入。
怪物との戦闘は持っている銃器で怪物に立ち向かうガンシューティング。(弾数無制限のサブマシンガンで打ちまくるらしい)
戦闘に勝利すると経験値が得られ、一定値以上経験値をためるとレベルが上がる。
さらにサバイバル要素もあるようで、動物を狩ることができ、狩れた動物は食肉となり、肉を食することで体力が回復するという。(狩猟はライフルで一撃必殺を狙うようだ)
まさにカオス……。

以上のようなこと以外にも、いくつか冷静に考えてはいけない事柄があるようで。
本作をプレイされた方々の多くが触れているのは、雪原を突っ走る主人公ローラが、終始飛行機搭乗時と同じスーツ姿(タイトスカートでハイヒール)であるところ。
不自然である、と。
そこで私は思った。高性能なスーツを着用しているんだよ。きっとそうだ。
隕石衝突、飛行機墜落、怪物からの攻撃にも負けず、食べ物は自ら狩る(さらに加工もできるということになる)。寒さにも強い。
そして無口。(ごく一部しか喋らないらしく、それも相槌とか唸ったりするだけらしい……。CVに女優さん使ってるみたいだけど、いいのか?それで)
まさに無敵の女、ローラ・バートン。
やっぱり高性能スーツのおかげなんだよ。
ちなみに本作のローラは前作のローラよりも美しい感じに(笑)

無敵の女、ローラ・バートン

本作の映像を初めて見たときは結構な衝撃だった。
雪が降るオープニング映像がとても印象に残っている。雪原の雰囲気抜群だった。
その時はまだこのゲームが怪物にマシンガンをぶっ放すようなゲームだとは知らなかったのだが(笑)
というか、結構最近まで前作のようなアドベンチャーゲームだと思っていたので、まさかこんなにカオスなゲームになっているとは…。


ストーリーの評価は不評の意見がやや多く見られた気がする。
プレイヤー置いてけぼりのストーリーでちょっと意味不明、的な意見がいくつか見られた。
しかしながら前作同様、映画的演出を意識したカメラワークは健在らしく、前作よりもスペックアップしたハードでの提供ということもあって、グラフィックの評価は高く、カオスに見えるゲームシステムも、やってみれば面白いという評価もある。
なんとも奇妙なゲームである印象を得た。
ゲームなんだし、細かいことは気にするな、ってことなんですかね。

完全に余談だが、このゲーム、普通のゲームのようにDisk1からセットしてゲームを始めるのだが、オープニングムービーはDisk4に入っているという。
初めて始める時はDisk1を入れた後、いきなりDisk4を入れるのか。
何かのトラップなのだろうか?
まあ、ゲームなんだし、細かいことは気にするな、ってことなんですかね。

拍手[1回]

PR
ページトップへ