忍者ブログ

レトロゲームへの妄言

当時やってみたいと思ってたけどできなかったゲーム。
当時はそうでもなかったけど、情報が手に入りやすくなった今、発売当時の情報や、プレイレビューを読んでやってみたくなっちゃったゲーム。
今プレイしても何らおもしろくないかもしれないけど、とりあえずやってみたいゲームをつらつらつらと。
家庭用レトロが主。

スポンサー広告

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ページトップへ

SWORD MASTER(ソードマスター)

ソードマスター

ホスト系主人公に物申す!
渋くてゴツくて悪い顔で下卑た笑いをする男が主人公。
かっちょいいキレイ顔の男性主人公なんてへでもねぇぜってなもんで。
イケメンキャラばかりで批判を受けるゲームもあるみたいだけどこのゲームはそんなことないのかもね(笑)

主人公アクスの下卑た笑い

もはや名言と言ってもいいwwww


1993年11月にライトスタッフから発売された。
主人公キャラを強面にするだけあって、ゲーム内容もなかなか硬派な仕上がりになっているらしく、難易度は高めなシミュレーションRPGとなっている。
高い難易度のうえに、ユニットキャラクターは戦闘で戦闘不能(HPが0)になると、死亡・消滅してしまい、生き返らせることができず、二度と使用することができないらしい。
ファイアーエムブレムも確かそういう仕様だったような。そして難易度が高いシミュレーションRPGって言われていたような気が。最近のは知らないけど。

ストーリーは、暗黒の魔王が復活しちゃったかもってなもんで、世界の危機だからなんとかせにゃならん、ってところでいかつい主人公アクスが「そんなら俺が殺ってやんよ」って足をつっこんでいく、というもの。
アクスは魔族と人間のハーフらしく、自身の中にある魔力を封印しているらしい。
そんな主人公はヒロインであるアルセアとふれあっていくなかで愛を知るっていうありがちな展開もあるのだそうで。

ユニットが死亡したら生き返らないっていうのは、結構キツい縛りになると思う。
私は性格上誰か亡くなったままストーリーとか進めたりできそうにないので、誰か死亡=即リセットになっちゃうだろうなー。そしてなかなかストーリーが進まないっていうねww
プレイした方々もほとんどの方がリセットを繰り返したみたい。
誰も死なせないためにレベル上げしたり、戦略を考えたりと、結構なやり応えになるみたい。「復活なし」っていうのが良いエッセンスになっていればいいんだけど。

このゲームは今となってはこれといって特筆するようなシステムや意外性のあるストーリーとかはなさそうなんだけど、たまにはこういうベタなゲームを楽しんでみるのもいいなーと。
色々と伏線たくさんあったり、設定がガッチリされていたりするのももちろん面白いけどね。

テーマソングとか、時代を感じる……。

拍手[1回]

PR
ページトップへ